ハッカーと画家

正解も間違いもない Twitter ID @firgala

台湾 ひとり旅

僕は今までひとり旅なんてものをしたことがなかった。

 

なぜかって、それは柄にもなく、

1人なんて喜びやらなんやらを共有できなくてつまんないだろ

そう思っていた。

 

今年の夏、

台湾に旅行へいく機会があった。

f:id:firstgalaxy:20180815193536g:plain

台湾の高雄(タカオ)というローカルなプレイスから

首都・台北(タイペイ)へ移動するというプランになった。

 

なぜ台湾か

別に僕が選んだ訳じゃない。

 

僕の所属しているサークルで台湾の大学生との交流会があり、

高雄へいくことになった。

 

どうせいくなら

と3日目イベント終了後からひとり旅をすることにした。

 

とはいえ

ひとり旅がしたかった訳ではなく、消去法でそうなった。

 

今回のイベントには友人が参加しておらず、

(もちろんサークルの友達は参加しているが、ここでいう友人は一緒にいたいと思える友人だ)だったらひとりでいいや という感じで他のみんなより長めに航空券をとった。当然成田から高雄、高雄から成田ではなく、台北から成田になる。

 

1人で勝手な真似をしたことで、少しは迷惑や心配をかけたと思う。

ありがとうございます。

 

この記事の構成として、

1、台湾観光

2、旅について

3、その他

の三構成で書きたいと思う。

 

この旅が有益なものになったのは、家族や友人、学校やその他の人のおかげであることを、忘れないうちに、ここに書き留めることも目的の一つにある。

そして何よりも、誰かの実体験が誰かの行動につながればと思う。僕自身もそうして支えられている。

 

1、台湾観光

まずはじめに、僕は1人旅と書いたが、実際現地(高雄)の大学での交流イベントにて仲良くなったメガネ君(ここではそう呼ぶ、特に意味はなく、ただメガネをかけていたから)の家に一泊お世話になり、現地生活を体験させてもらった。

 

二泊三日のイベント終了後、僕は現地大学に残り、友人らは新幹線で台北のホテルへ向かった。寂しさはなかった。台湾の大学生たちと一緒に泊まっていた寮の後片付けをし、それからメガネ君の運転で観光地へ行き、それから実家へ向かった。

 

台湾の学生は、高雄の大学が駅から離れていることもあるかもしれないが、

原付や車に乗っている人がほとんどである。

しかし、交通ルールはひどいもので、日本とは比べ物にならない。

台湾は日本の占領下であった時代があり、日本はインフラ整備をしたことが歴史に残っているが、流石にこういうルールはいちいち言われないとできないことではないだろうと思った。何を考えてんのか、原付に4人乗っている人もいた。

 

何はともあれ、メガネ君宅に着き、家へ上がらせていただいた。

僕は客間のようなところに通された。

 

そこは6畳ほどの空間で、

勉強机が二つと大量の一列に並べられ、天井まで重ねられたダンボール、そして一つのウォーターベッドがあった。この部屋を自由に使っていいとのことだった。

 

話によると、よく友人が泊まりに来るらしく、ここはその時に使っているらしい。

 

その日はしゃぶしゃぶに連れて行ってもらったり、

家でフルーツをご馳走になったり、とてもよくしてもらった。

 

もし僕のうちに外人が泊まりに来ても、

こんなにおもてなしというか、

まず受け入れられるかがわからない。

 

シャワーを浴びてる時は本当に怖かった。

今全裸で、後ろから襲われて、

肛門に何かを刺されて、、、

 

知らない土地の知らない人の家で、どうなろうが知ったこっちゃない

という誰かの声が聞こえた。

 

 

友人に部屋の様子を撮って送ったところ、ダンボールには中国語で割れ物危険の文字が書かれていたらしく、翌朝生きて目覚めたことに感謝した。

 

 

次の日朝起きた時

生きていたことに感謝した。